神奈川県神社庁
 
お知らせ
神社Q&A
神社検索
神社庁とは
リンク
 
神奈川県神社庁のホームページ
神社詳細
八菅神社 (はすげじんじゃ)
 権現様 (ごんげんさま) 
所在地住所 〒243-0305
神奈川県愛甲郡愛川町八菅山139
電話番号 046-285-0730
FAX番号 046-285-0730
ホームページ
メールアドレス
[ 八菅神社 ]
※ご注意:システムの構成上、地図のポイントと実際の神社の位置に多少の差異があります。

国常立命   ( くにとこたちのみこと )
伊弉諾尊   ( いざなぎのみこと )
伊弉冉尊   ( いざなみのみこと )
誉田別命   ( ほんだわけのみこと )
金山毘古命   ( かなやまびこのみこと )
大己貴命   ( おおなむちのみこと )
天忍穂耳命   ( おめのおしほみみのみこと )

1月1日元旦祭(がんたんさい)
2月11日建国記念日(けんこくきねんび)
3月28日例大祭(れいたいさい)
11月23日勤労感謝祭(勤労感謝祭)
12月31日大祓式(おおはらえしき)

 八菅山(やすげさん) 標高 225メートル
 この八菅山は古名を蛇形山(じゃぎょうさん)といった。
 昔大和武尊が坂本(現在の中津坂本地区)でこの山を眺め山容が龍に似ているところから名付けられた。
 そしてこの山中には蛇体の各部分にあたる池の名が今も残っている。
 大宝3年(西暦703年)修験道の開祖役の小角(役の行者)が日本武尊ほか6神を祀り修法を行った。そのとき八丈八手の玉幡が山中に降臨し神座の菅の菰から八本の根が生え出たという。
 そこで山の名を八菅山とよぶようになった。これが八菅神社のはじまりであると伝えられている。
 この八菅山を前にした丹沢山塊一帯は山岳信仰の霊地として修験者(山伏)たちの修業道場として盛んであった。
 この連なる山々には幣山、法華峰、経ケ岳、華厳山、法論堂など今も残る名は巡峯の要所であったことを教えている。
 
 見所等
   八菅神社社叢林(しゃそうりん)   神奈川県指定天然記念物
 中津川に面した八菅山の集落に続く丘陵の海抜100〜170メートルの南側斜面から東側斜面にかけて八菅神社の森と称されるスダジイ林が発達している。
 一部にスギやヒノキが埴栽されているが、二百段を超す階段わきの山道周囲には樹高15メートル以上のスダジイ林が自然植生として生育する。
 高木層は台地上でアカシデ、ヤマモミジ、ハリギリを混えスダジイが優占する森を形成している。亜高木層以下はヒノキ、サカキ、アラカシ、ツルグミ、クロガネモチ、などヤブツバキクラスの常緑の自然植生の厚生種が多く生育する。
 
 八菅山の森は相模平野にそって海岸から比較的内陸まで生育するスタジイ林(ヤブコウジースタジイ群落)が25、000ヘイホウメートル以上まとまって残存する極めて貴重な森林である。
                   (神奈川県教育委員会・愛川町教育委員会)
▲ページTOPへ戻る
1つ前へ戻る      ホームページTOPへ戻る
神奈川県神社庁 〒235-0019 横浜市磯子区磯子台20番1号 電話:045-761-6387