神奈川県神社庁
 
お知らせ
神社Q&A
神社検索
神社庁とは
リンク
 
神奈川県神社庁のホームページ
神社詳細
石楯尾神社 (いわたておじんじゃ)
 御石杜 (おいしのもり) 
所在地住所 〒252-0181
神奈川県相模原市緑区佐野川3448
ホームページ
お問い合わせ先
※上記バナーをクリックすると連絡先となる神社のページが開きますのでお問い合わせ下さい。
※ご注意:システムの構成上、地図のポイントと実際の神社の位置に多少の差異があります。

神倭磐余彦命   ( かんやまといわれひこのみこと )

8月23日例大祭(れいたいさい)
[秋祭 (あきまつり)]

[社頭掲示板]
 第十二代景行天皇の庚戊四十年、日本武尊東征の砌、持ち来った天磐楯 (あまのいわたて)を東国鎮護の為此処に鎮め神武天皇を祀ったのが始まりである。石村石楯は高座郡の県主で当地の住人であった。第四十七代淳仁天皇の天平宝字八年(一二二二 年)、先の太政大臣藤原恵美押勝反逆の折、貢の為上京中で押勝の首をとり乱を鎮めた功により高座、大住、鮎川、多摩、都留の五郡を賜ったと言われ、石楯尾神社の保護者であった。幣殿、拝殿は昭和十二年に改築されたが本殿は室町時代の建築様式をよく伝えており建築史上貴重なものである。本殿棟札には天保七年十一月氏子中、調写、浄善石船、謹記とある。神楽殿は弘化年間(一八四五 年) に建てられたもので、通常は中央部を通路に使用し祭典の折には厚板で覆い、奉納の舞、芝居の舞台として使用出来る様に工夫されている。
 平安時代に施行された延喜式[ 延喜五年(九〇五) 撰進、康保四年(九六七) 施行] に記されている相模の式内十三社の内石楯尾神社は本社ではないかと言われている。
  (注) 昭和十二年〜十三年にかけ郷社への昇格を運動したが、確たる証拠書類ない為昇格ならず現在は指定村社で終わっている。今でも考古学者等が度々調査に訪れる。森 (杜) 木は根周り五m を越す大きな杉が何本もある。
 以上
 
▲ページTOPへ戻る
1つ前へ戻る      ホームページTOPへ戻る
神奈川県神社庁 〒235-0019 横浜市磯子区磯子台20番1号 電話:045-761-6387