神奈川県神社庁
 
お知らせ
神社Q&A
神社検索
神社庁とは
リンク
 
神奈川県神社庁のホームページ
神社詳細
八幡神社 (はちまんじんじゃ)
 根岸八幡神社 (ねぎしはちまんじんじゃ) 
所在地住所 〒235-0007
神奈川県横浜市磯子区西町1-1
電話番号 045-753-6666
FAX番号 045-753-6660
ホームページ
メールアドレス
[ 八幡神社 ]
※ご注意:システムの構成上、地図のポイントと実際の神社の位置に多少の差異があります。

八幡皇大神   ( はちまんすめのおおかみ )
天照皇大神   ( あまてらすすめおおみかみ )
宇佐八幡大神   ( うさはちまんおおかみ )
大山祇大神   ( おおやまつみのおおかみ )
白山姫大神   ( しらやまひめおおかみ )

1月1日歳旦祭(さいたんさい)
5月第2日曜日崇敬者大祭(すうけいしゃたいさい)
6月30日夏越の大祓式(なごしのおおはらえしき)
8月14日例大祭(れいたいさい)
9月15日敬老祭(けいろうさい)
12月31日年越の大祓式(としこしのおおはらえしき)
毎月1日月次祭(つきなみさい)

今から1400年ほどの昔、根岸の海に、突如金色の光が輝き妙なる響きが流れてきました。驚いた人々は沖合いを見つめましたが何だかわかりません。丁度7日目の事、その光明と妙音がしずしずと浜に近づき、八幡川の河口近くに何か着岸しました。とたんに光は消え響きも静まりました。見るとそれは汐にうたれて黒光りした像が亀の形をした台座に立ち、五尺くらいの枯木の根に乗っておりました。
 古老は「おお、これは神様じゃ、わしらの村を守るために遠くの海からやって来られたのじゃ。」といいました。村人はほっといたしました。早速村の守り神としておまつりする事になり、村おさの家のひと間に安置したところ突然一人の童子が狂い騒ぎ出し、五、六尺も飛び上がりして口走りました。
 「われはこれ正八幡なり、この里鎮護して里人の苦難を救わんとして、千里の浪ただよい来るに、ああ知らずして民家に置けり。早く当浦われ着岸の芝原へ社を建てて遷すべし。」と言い終わるや、この童子は大汗をかいて身震いしたかと思うと、静かに座してもののけはさめました。
 人々は驚き、そしてありがたい、ありがたい、と喜びあい、まもなく立派な宮をつくりました。
 八幡川の下流の東岸、今の滝津八幡の所です。誰いうとなく八幡宮と尊称、根岸村の鎮守として、毎年9月15日に例祭を行い、村民ひとしく崇敬してきました。
 時代はぐっと下って、江戸時代のはじめ、慶安4年(1651)の検地(土地所有調査)で、ここが滝頭村になったため、それから100年余りたった明和3年(1766)に現在地に御遷宮がなされ、例祭も8月15日に改められ、今日に至っております。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲ページTOPへ戻る
1つ前へ戻る      ホームページTOPへ戻る
神奈川県神社庁 〒235-0019 横浜市磯子区磯子台20番1号 電話:045-761-6387