神奈川県神社庁
 
お知らせ
神社Q&A
神社検索
神社庁とは
リンク
 
神奈川県神社庁のホームページ
神社詳細
高石神社 (たかいしじんじゃ)
  
所在地住所 〒215-0003
神奈川県川崎市麻生区高石1ー31ー1
ホームページ
お問い合わせ先
※上記バナーをクリックすると連絡先となる神社のページが開きますのでお問い合わせ下さい。
[ 高石神社 ]
※ご注意:システムの構成上、地図のポイントと実際の神社の位置に多少の差異があります。

天照皇大神   ( あまてらすすめおおみかみ )
応神天皇   ( おうじんてんのう )
武甕槌命   ( たけみかずちのみこと )
伊波比主命   ( いわいぬしのみこと )
天児屋根命   ( あめのこやねのみこと )
比売命   ( ひめのみこと )
家都御子神   ( けつみこのかみ )
速玉大神   ( はやたまのおおかみ )
夫須美神   ( ふすみのかみ )

1月15日祈年祭(きねんさい)
[新年祭 (しんねんさい)]
2月節分節分祭(せつぶんさい)
7月27日夏季大祭(かきたいさい)
[天皇祭 (てんのうさい)]
9月21日例祭(れいさい)
[秋季例大祭 (しゅうきれいたいさい)]
11月15日七五三祝(しちごさんいわい)

 天照大神を主神として祀る。往時は「伊勢宮」と称し、当社あるを以て境内一帯を「お伊勢の森」と呼ぶ。大正11年、高石地区内に分散鎮座せる熊野社、御嶽社、春日社、富士浅間社、八幡社などを合祀遷宮し、更に稲荷、第六天の二小祠を左右に相殿とする。
  社殿は二間半に三間の宮作りの覆屋であったものを大正11年、合祀遷宮に当り増改築し現在の拝殿、幣殿、神饌所、奥殿となり、それまで東向きであったものを南向きとする。
  その後本殿は昭和50年に改築。社務所は昭和55年、神楽殿を併設し改築す。
  社殿創建は承応三年甲午二月二十一日。加賀美金右ヱ門、とご神体の裏に記しあり、御光明天皇御在位、徳川幕府第四代将軍家綱時代にて今より凡そ三百二十六年前に当る。因に地頭金右ヱ門が父加賀美才兵ヱ正光は甲州武田の一族にして天正十年、勝頼天目山の戦いに敗れて滅亡の後、当地に来り字「本村」に居を構えしが、同十六年、十六才の時東照宮に召出され、同十九年に至り高石地区内に一〇七石八斗余りの高を知行すべき由ご朱印を賜わり、猶「本村」に居住せしが、子金右ヱ門正吉の時、江戸に宅地を賜わる。
  尚、当地にある高石山法雲寺は加賀美才兵ヱ正光の開基にて、萬松山潮音寺は加賀美金右ヱ門正吉の中興開基せるものなり。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲ページTOPへ戻る
1つ前へ戻る      ホームページTOPへ戻る
神奈川県神社庁 〒235-0019 横浜市磯子区磯子台20番1号 電話:045-761-6387