神奈川県神社庁
 
お知らせ
神社Q&A
神社検索
神社庁とは
リンク
 
神奈川県神社庁のホームページ
神社詳細
琴平神社 (ことひらじんじゃ)
 武州・柿生琴平社 (ぶしゅう かきおことひらしゃ)
柿生の琴平さん (かきおのこんぴらさん) 
所在地住所 〒215-0013
神奈川県川崎市麻生区王禅寺400
電話番号 044-988-0045
FAX番号 044-988-6821
ホームページ http://www.kotohirajinja.com/
メールアドレス
[ 琴平神社 ]
※ご注意:システムの構成上、地図のポイントと実際の神社の位置に多少の差異があります。

天照大神   ( あまてらすおおみかみ )
大物主神   ( おおものぬしのかみ )

1月1日歳旦祭(さいたんさい)
2月17日祈年祭(きねんさい)
10月10日琴平神社例大祭(ことひらじんじゃれいたいさい)
11月23日新嘗祭(にいなめさい)
12月23日天長節(てんちょうせつ)
12月31日大祓(おおばらえ)

志村家に代々伝わる古文書によると、今から凡そ二百八十年前、即ち正徳年代 (一七一一) 以前に、伊勢山の地に神明社のあった事が記されている。それによると「崇源院さま (徳川二代将軍秀忠の正室) ご繁栄の砌、祈祷所として当村鎮守大神宮を勧請致し、これまで年々伊勢踊・神事祭礼・湯立・神楽等仕え来り当村の鎮守にござ候」とあるがその証拠となる物は確認されていない。
  その後、文政九年 (一八二六) 、伊勢山の地に志村文之丞によって神明社、琴平社の合社が再建された。これが琴平神社の起りである。
  昭和五十五年、氏子崇敬者による金刀比羅神の崇敬の思潮が強く打ち出され、社名を琴平神社と改称した。祭神は大物主神 (大国主尊の別名) であるが、神明社と琴平社の合社相殿のお宮であるため、神座の左側 (神座より見て) に天照大御神を、右側に大物主神を祀ってある。
  神座は別々の室となっている珍しい神座である。本殿の手水舎にはこれを担いだ山伏の四体の石像が置かれているが、これは通称「がまんさん」と呼ばれ地域の人々に親しまれている。又神殿の天井には有名な絵師による六十三枚の花鳥山水を描いた板絵が嵌め込まれていて参拝者を楽しませてくれる。
  昭和四十七年以降、三七七番地に参集殿、琴平神奥宮、神符の札所、社務所、儀式殿、東屋等がつぎつぎに築かれた。又境内附属の石造物も建造され、庭内には四季折々の花や樹木が配置され参拝者の憩いの場所となっている。
  境内社として、伏見の稲荷大明社と塩釜神社、多賀神社を合わせて祭った稲荷社があり、弁財天社もあって年々参拝者の数が増えて来ている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲ページTOPへ戻る
1つ前へ戻る      ホームページTOPへ戻る
神奈川県神社庁 〒235-0019 横浜市磯子区磯子台20番1号 電話:045-761-6387