奉祝 天皇陛下御在位三十年
神奈川県神社庁
神奈川県神社庁のホームページ
神棚の祀りかた 神社Q&A 神社庁とは リンク
かながわの神社
あなたの氏神様は?神社検索 近所の神社を検索してみよう!
詳細検索
第3回神宮研修会
くらしの中の神道
神道のいろは
神前結婚式について

現在、神社で行われているような神前での結婚式が広く普及するようになったのは、明治時代になってからのことです。きっかけは、当時、皇太子だった大正天皇のご婚儀です。

明治33年5月10日、同年4月に定められた皇室婚嫁令に基づき、皇居内の賢所で結婚式が行われました。このご婚儀により、民間での神前結婚式への関心が高まりました。

翌年、日比谷大神宮(現東京大神宮)で、皇太子のご婚儀にならい神前模擬結婚式が公開で行われます。そして、同年、一般の人の結婚式が同神宮で行われたのです。

それまで結婚式といえば、家庭で行われることがほとんどでした。その際は、「結婚は神のお計らいであり、恵みである」という古くからの信仰のもと、多くは床の間に伊弉諾尊と伊奘冉尊をおまつりし、その前に神饌をお供えして行われていました。このような形式は、江戸時代に確立され、公家や大名はじめ、武士や庶民にまで広がっていたようです。

これが土台になり、神社での神前結婚式は広く受け入れられていったようです。一般的になったのは昭和20年代以降です。戦後の住宅、食糧事情から自宅に人を招いての式が難しくなっていったためとも考えられます。高度成長期に入ってからは地方でも都市化が進み、神社での結婚式が急増していきました。

神前結婚式の次第は一般のおまつりの流れとほぼ同じですが、特徴的なのは新郎新婦が神前にお供えしたお神酒で夫婦の契りを固める「三献の儀」で、「三三九度」と呼ばれる儀式です。ご存じのとおり、酒盃を取り交わす回数を表したもので、酒を一杯飲むことを一度といい、三度飲むことを一献として、これを三献、つまり九度いただく作法といいます。平安時代の公家の酒宴の作法とされたもので、男子の成人を祝う元服などの儀式においても行われていました。

まことの道・4月
※画像をクリックすると拡大表示されます
神社庁アーカイブ「まことの道」

掲載した「まことの道」を
収録していきます。

 
2019年厄年一覧
※画像をクリックすると拡大表示されます
※地域によって異なる場合があります、お近くの神社にお尋ね下さい。
お神札のある生活リーフレット
※画像をクリックすると拡大表示されます
みんなの神様
  • よみのくに
  • 天孫降臨
  • ヤマタノオロチ
  • いなばのしろうさぎ
  • あまのいわと
  • 海幸彦と山幸彦
  • ヤマトタケルノミコト
  • 神武天皇
  • くにうみ
  • 大国主神の国譲り
※画像をクリックすると拡大表示されます
既刊冊子のご案内

①「よみのくに」 ②「天孫降臨」 ③「ヤマタノオロチ」 ④「いなばのしろうさぎ」
⑤「あまのいわと」 ⑥「海幸彦と山幸彦」 ⑦「ヤマトタケルノミコト」
⑧「神武天皇」 ⑨「くにうみ」 ⑩「大国主神の国譲り」

こちらを無料で差し上げています。
次の事項にご留意の上、ご興味のある方は、当庁の下記連絡先までメールにてご氏名・ご住所をお知らせいただくか、直接お電話かFAXにてご連絡下さい。

《神奈川県神社庁》
連絡先 045(761)6387
E-mail k-jinjacho@kanagawa-jinja.or.jp

●ご希望する冊子の番号をお書き下さい。
※但し、お一人様(1世帯)全種類1部のみとさせていただいております。

●お預かりした個人情報は本冊子の発送だけに使用いたします。
 ダイレクトメールやその他発送物をお送りするものではありません。

新着情報
H31/04/01
まことの道、「日本の神さま十二の物語」が更新されました。
H31/03/01
まことの道、「日本の神さま十二の物語」が更新されました。
H31/02/01
まことの道、「日本の神さま十二の物語」が更新されました。
H30/12/26
まことの道、「日本の神さま十二の物語」が更新されました。

親子で親しむ日本の神話「あまのいわと」二人語り

●画像はもとより、内容の無断転載はご遠慮いただいてます。
※ブログやSNSで、本冊子を紹介する投稿を見受けます。多くの方からのご反響につきまして感謝しておりますが、ご覧になった方から注文が集中しますと、発送の遅延や突然の在庫切れなど、ご要望に応じられない場合がございます。ご理解をお願い申し上げます。
親子で親しむ日本の神話 出張公演について
 神社庁では日本の神話に親しんでもらうよう、県内の神主さんが「語り部」となって神話の読み聞かせをしています。神社のお祭り、幼稚園、保育園をはじめ地域のイベント等の集まりにおいて数多くの公演をいたしました。
 私たちはこの美しい日本神話を次世代へ継承すべく、お子様そしてお父さんお母さんを対象に活動しております。
興味がある方は下記連絡先までお気軽にお問い合せ下さい。
【活動内容】 神話の読み聞かせ
大型のスクリーンにイラストを投影して子供にもわかりやすく、楽しく聞かせます。
効果音には日本の伝統的音楽である「雅楽」を取り入れ、雰囲気を盛り上げます。
【演目】 「あまのいわと」「やまたのおろち」など誰でも知っている内容です。
【人数】 5名程でお伺いします。
【時間】 20分〜30分です。
【場所】 県内であれば基本的にどこでも伺います。
【費用】 無料
【対象】 基本的にはお子様向けですが、大人でも充分楽しめます。
【申込】 下記連絡先までお問い合せ下さい。
【連絡先】 神奈川県神社庁
電話 045-761-6387 FAX 045-761-0100
E-mail k-jinjacho@kanagawa-jinja.or.jp

※神話出張公演ご案内
神奈川県神社庁 〒235-0019 横浜市磯子区磯子台20番1号 電話:045-761-6387