奉祝 天皇陛下御在位三十年
神奈川県神社庁
神奈川県神社庁のホームページ
神棚の祀りかた 神社Q&A 神社庁とは リンク
かながわの神社
あなたの氏神様は?神社検索 近所の神社を検索してみよう!
詳細検索
くらしの中の神道
神道のいろは
正月飾りについて
お正月には、それぞれの家庭において年神様をお迎えします。年神様は、正月様・歳徳(としとく)様・若年様などとも呼ばれ、その年の吉方である恵方より訪れ、一年間の家庭の健康と幸福を授けてくださる神として信仰されてきました。
年神様は、農耕をつかさどる田の神であるとする説や御先祖様の神霊であるとする説もありますが、私たち日本人は古来、正月行事として年神様を迎え、おまつりすることをおこなってきました。
玄関の注連しめ飾りも年神様をお迎えするためのもので、年末に大掃除を終えた後にお飾りをするのが一般的です。但し、一夜飾りとなる三十一日は避けます。注連飾りは正月注連、正月飾り、年縄とも呼ばれ、不浄が清められ、家内が年神様を迎えるのにふさわしい清浄な場所であることを示すほか、外から災厄が侵入するのを防ぐ意味もあります。
その形態もさまざまですが、一般的な形としては藁で編んだ注連縄に白色や紅白の紙垂しでを垂らして、清浄かつ神聖であることを表し、その上に裏白うらじろ、ゆづり葉などの植物や、だいだい神馬藻ほんだわらなどの海藻や海老が添えられます。裏白は長命・潔白を、ゆづり葉は家系を後の世代までゆずり絶やさないこと、橙は家系が代々栄えること、海老は腰が曲がるまで長寿であることを意味するなど、それぞれが縁起物であるとともに、橙、海藻、海老などの食物は年神様をまつるためにお供えされる神饌の意味があるとも思われます。
このほか、玄関や門柱の左右に立てる門松は年神様をお招きするための依代よりしろであるともいわれ、家内に年神様をまつるため、正月の間のみ祭壇を設ける地域もあります。
正月飾りは、正月七日の七草までお飾りし、小正月(一月十五日)におこなわれるどんど焼きや左義長さぎちょうと呼ばれる火まつりにおいてお焚き上げされることが多いですが、地方によっては年間を通じてお飾りする場合もあります。
まことの道・1月
※画像をクリックすると拡大表示されます
神社庁アーカイブ「まことの道」

掲載した「まことの道」を
収録していきます。

 
2019年厄年一覧
※画像をクリックすると拡大表示されます
※地域によって異なる場合があります、お近くの神社にお尋ね下さい。
お神札のある生活リーフレット
※画像をクリックすると拡大表示されます
みんなの神様
  • よみのくに
  • 天孫降臨
  • ヤマタノオロチ
  • いなばのしろうさぎ
  • あまのいわと
  • 海幸彦と山幸彦
  • ヤマトタケルノミコト
  • 神武天皇
  • くにうみ
  • 大国主神の国譲り
※画像をクリックすると拡大表示されます
既刊冊子のご案内

①「よみのくに」 ②「天孫降臨」 ③「ヤマタノオロチ」 ④「いなばのしろうさぎ」
⑤「あまのいわと」 ⑥「海幸彦と山幸彦」 ⑦「ヤマトタケルノミコト」
⑧「神武天皇」 ⑨「くにうみ」 ⑩「大国主神の国譲り」

こちらを無料で差し上げています。
次の事項にご留意の上、ご興味のある方は、当庁の下記連絡先までメールにてご氏名・ご住所をお知らせいただくか、直接お電話かFAXにてご連絡下さい。

《神奈川県神社庁》
連絡先 045(761)6387
E-mail k-jinjacho@kanagawa-jinja.or.jp

●ご希望する冊子の番号をお書き下さい。
※但し、お一人様全種類1部のみとさせていただいております。

●お預かりした個人情報は本冊子の発送だけに使用いたします。
 ダイレクトメールやその他発送物をお送りするものではありません。

新着情報
H30/12/26
まことの道、「日本の神さま十二の物語」が更新されました。
H30/11/30
まことの道、「日本の神さま十二の物語」が更新されました。
H30/11/01
まことの道、「日本の神さま十二の物語」が更新されました。
H30/10/01
まことの道、「日本の神さま十二の物語」が更新されました。

親子で親しむ日本の神話「あまのいわと」二人語り

●画像はもとより、内容の無断転載はご遠慮いただいてます。
※ブログやSNSで、本冊子を紹介する投稿を見受けます。多くの方からのご反響につきまして感謝しておりますが、ご覧になった方から注文が集中しますと、発送の遅延や突然の在庫切れなど、ご要望に応じられない場合がございます。ご理解をお願い申し上げます。
親子で親しむ日本の神話 出張公演について
 神社庁では日本の神話に親しんでもらうよう、県内の神主さんが「語り部」となって神話の読み聞かせをしています。神社のお祭り、幼稚園、保育園をはじめ地域のイベント等の集まりにおいて数多くの公演をいたしました。
 私たちはこの美しい日本神話を次世代へ継承すべく、お子様そしてお父さんお母さんを対象に活動しております。
興味がある方は下記連絡先までお気軽にお問い合せ下さい。
【活動内容】 神話の読み聞かせ
大型のスクリーンにイラストを投影して子供にもわかりやすく、楽しく聞かせます。
効果音には日本の伝統的音楽である「雅楽」を取り入れ、雰囲気を盛り上げます。
【演目】 「あまのいわと」「やまたのおろち」など誰でも知っている内容です。
【人数】 5名程でお伺いします。
【時間】 20分〜30分です。
【場所】 県内であれば基本的にどこでも伺います。
【費用】 無料
【対象】 基本的にはお子様向けですが、大人でも充分楽しめます。
【申込】 下記連絡先までお問い合せ下さい。
【連絡先】 神奈川県神社庁
電話 045-761-6387 FAX 045-761-0100
E-mail k-jinjacho@kanagawa-jinja.or.jp

※神話出張公演ご案内
神奈川県神社庁 〒235-0019 横浜市磯子区磯子台20番1号 電話:045-761-6387