奉祝 天皇陛下御即位
神奈川県神社庁
神奈川県神社庁のホームページ
神棚の祀りかた 神社Q&A 神社庁とは リンク
かながわの神社
あなたの氏神様は?神社検索 近所の神社を検索してみよう!
詳細検索
くらしの中の神道
神道のいろは
御祭神と氏神さまについて

古来、私たち日本人は山や木、川、岩などに神さまが宿られると考えていました。驚異的な力を示す存在や現象をすべて神として崇めてきました。やがて神社が創建されるようになり、その頃のご祭神は、地名や神社名に「神」をつけた「○○神」といった名前で、「その土地や神社に現れた神」として認識されていたようです。これらの神さまは、人格的な性質よりむしろ自然を象徴する側面が強かったのです。

奈良時代の8世紀に成立した「古事記」「日本書紀」や、日本最古の和歌集「万葉集」、地域の風土を記録編纂へんさんした「風土記」などにさかのぼっても、伊勢の神宮などの限られた神社以外、ほとんどの神社は具体的な御祭神名が明らかにされていませんでした。 それが10世紀を過ぎた頃になると、「古事記」や「日本書紀」に出てくる神さまの名前がさまざまな文献に見られるようになっていきました。また、全国的に有名な神さまをお遷しする例も多く出てきました。こうして長い年月をかけて、神社ごとに人格的な名前をもつ御祭神が定まっていったのです。ですから、神社にはそれぞれに歴史があり、同じ名称の御祭神であっても、1つとして同じ神社は無いのです。

神社を氏神うじがみさま、産土うぶすなさま、鎮守さまと呼ぶこともあります。氏神さまは、もともと同じ氏族が共同でまつった祖先神または守護神のことです。産土さまは人々が生まれ育った土地の守護神です。鎮守さまは国や地域など一定の区域・場所を守護する神のことをいいます。しかし、時代の変遷とともに、氏神さま、産土さま、鎮守さまはもともとの意味は違っているが、今では混同してしまい、同じ意味で使われるようになりました。

そして自分が生まれ育った土地や、現在、暮らしているところに鎮座する神社とは別に、個人的な信仰によって崇敬する神社を崇敬神社といいます。由緒や地理的な事情により氏子を持たない神社もあり、そうした神社では崇敬会などの組織が設けられていることもあります。氏神さまと崇敬神社には以上のような違いがありますが、1人の方が両者を共に信仰・崇敬しても差し支えはありません。

まことの道・3月
※画像をクリックすると拡大表示されます
神社庁アーカイブ「まことの道」

掲載した「まことの道」を
収録していきます。

 
2020年厄年一覧
※画像をクリックすると拡大表示されます
※地域によって異なる場合があります、お近くの神社にお尋ね下さい。
お神札のある生活リーフレット
※画像をクリックすると拡大表示されます
みんなの神様
  • よみのくに
  • 天孫降臨
  • ヤマタノオロチ
  • いなばのしろうさぎ
  • あまのいわと
  • 海幸彦と山幸彦
  • ヤマトタケルノミコト
  • 神武天皇
  • くにうみ
  • 大国主神の国譲り
※画像をクリックすると拡大表示されます
既刊冊子のご案内

①「よみのくに」 ②「天孫降臨」 ③「ヤマタノオロチ」
④「いなばのしろうさぎ」 ⑤「あまのいわと」 ⑥「海幸彦と山幸彦」
⑦「ヤマトタケルノミコト」 ⑧「神武天皇」 ⑨「くにうみ」 ⑩「大国主神の国譲り」

こちらを無料で差し上げています。
次の事項にご留意の上、ご興味のある方は、当庁の下記連絡先までメールにてご氏名・ご住所をお知らせいただくか、直接お電話かFAXにてご連絡下さい。

《神奈川県神社庁》
連絡先 045(761)6387
E-mail k-jinjacho@kanagawa-jinja.or.jp

●ご希望する冊子の番号をお書き下さい。
※但し、お一人様(1世帯)全種類1部のみとさせていただいております。

●お預かりした個人情報は本冊子の発送だけに使用いたします。
 ダイレクトメールやその他発送物をお送りするものではありません。

新着情報
R02/02/28
まことの道、「日本の神さま十二の物語」が更新されました。
R02/01/31
まことの道、「日本の神さま十二の物語」が更新されました。
R01/12/27
まことの道、「日本の神さま十二の物語」が更新されました。
R01/12/03
まことの道、「日本の神さま十二の物語」が更新されました。

親子で親しむ日本の神話「あまのいわと」二人語り

●画像はもとより、内容の無断転載はご遠慮いただいてます。
※ブログやSNSで、本冊子を紹介する投稿を見受けます。多くの方からのご反響につきまして感謝しておりますが、ご覧になった方から注文が集中しますと、発送の遅延や突然の在庫切れなど、ご要望に応じられない場合がございます。ご理解をお願い申し上げます。
親子で親しむ日本の神話 出張公演について
 神社庁では日本の神話に親しんでもらうよう、県内の神主さんが「語り部」となって神話の読み聞かせをしています。神社のお祭り、幼稚園、保育園をはじめ地域のイベント等の集まりにおいて数多くの公演をいたしました。
 私たちはこの美しい日本神話を次世代へ継承すべく、お子様そしてお父さんお母さんを対象に活動しております。
興味がある方は下記連絡先までお気軽にお問い合せ下さい。
【活動内容】 神話の読み聞かせ
大型のスクリーンにイラストを投影して子供にもわかりやすく、楽しく聞かせます。
効果音には日本の伝統的音楽である「雅楽」を取り入れ、雰囲気を盛り上げます。
【演目】 「あまのいわと」「やまたのおろち」など誰でも知っている内容です。
【人数】 5名程でお伺いします。
【時間】 20分〜30分です。
【場所】 県内であれば基本的にどこでも伺います。
【費用】 無料
【対象】 基本的にはお子様向けですが、大人でも充分楽しめます。
【申込】 下記連絡先までお問い合せ下さい。
【連絡先】 神奈川県神社庁
電話 045-761-6387 FAX 045-761-0100
E-mail k-jinjacho@kanagawa-jinja.or.jp

※神話出張公演ご案内
神奈川県神社庁 〒235-0019 横浜市磯子区磯子台20番1号 電話:045-761-6387